ZEHの取り組み - Eco-Zeroシリーズとは

『Eco-Zeroシリーズ』が
「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016」
において優秀賞を獲得

エンゼルハウスのZEH住宅、エンゼルの家『Eco-Zeroシリーズ』が 「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016」において優秀賞を獲得いたしました。


「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」表彰制度とは

建物躯体とエネルギー設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能の優れた住宅を表彰し、 さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指すものです。

エンゼルのZEH住宅
『Eco-Zeroシリーズ』とは

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギーハウスの略で、一次エネルギー(使用するエネルギー)を減らし、
消費する一次エネルギー分を自分でつくる事により、ネット(正味)でゼロとなる住宅の事をいいます。
では、どの様にすればZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅が建てられるのでしょうか。

エンゼルハウスのZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の取り組みについて、ZEH住宅の重要な4つのポイントをご紹介します。

※エンゼルハウスは平成27年度のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)建築実績と経験を活かし、
平成28年度から一般社団法人環境共創イニシアチブのZEHビルダー登録を行っております。

ZEHビルダー登録を行うことにより、国からの補助金がお客様に反映される制度が適用されます。

ZEHビルダーの
登録状況を確認する

POINT - 1
断熱性の高い建物

省エネ住宅にするには、外気の影響を受けづらく、また冷暖房を外に逃がしづらい断熱性の高い建物にする必要があります。現在、その断熱性能を表す指標は外皮平均熱貫流率(UA)となっており、その数値(UA 値)が少ない程、高性能な建物となります。

ZEH基準のUA値以下
とする性能が標準装備

ZEH住宅の
資料を請求する

POINT - 2
高性能な設備

日々生活をする中で必要なのが冷暖房・換気・照明・給湯ですが、それらを動かす為に必要なのが電気やガスといったエネルギー(一次エネルギー)です。
省エネ住宅にする為にはエネルギー( 一次エネルギー) の使用量の削減が必要になり、その為には高性能な設備が不可欠となります。
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)では、再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量の削減が義務づけられています。

エネルギー消費を劇的に
削減する高性能な標準設備

ZEH住宅の
資料を請求する

POINT - 3
太陽光発電

断熱性の高い建物で高性能な設備を使用する事により、一般的な建物と比べエネルギー(一次エネルギー)の使用量を大幅に削減する事ができます。
さらに、実際に消費するエネルギーの一部を太陽光発電によって相殺し、消費エネルギーをネットでゼロに近づける仕組みが必要です。

高性能な5kw~7kwの
太陽光発電を標準設備

ZEH住宅の
資料を請求する

POINT - 4
計算された基本プラン

省エネルギーの観点から建物の形状はできるだけシンプルにし、採光や通風を考慮しながら基本プランを設計する必要があります。

エンゼルハウスの
豊富なノウハウ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅建築に関することなら、エンゼルハウスにお任せください。

ZEH住宅の
資料を請求する